英語や外国についてアレコレ書いてみるヨー(・Д・)ノ

英語の先生が書いているブログ。英語苦手さん・初心者さんに、ちょっと役立つマメ知識、私が海外で体験したことなどを書いています。

【英会話】英語はリズム感が重要・ジャズを聴こう!

こんばんは!

英語ニガテさん専用

英語講師の小田真維です(・∀・)

 

英語には「リズム感・音感が大事」ということを聞いたことがありますか?

これ、私はものすごく大事!だと思っています。

 

日本人が英語が苦手な理由はいくつかありますが、

(シャイ、完璧主義、島国、文法的違い、発音の少なさなど)

 

「英語・つながった会話を聴きとれない!」のは、リズム感のなさが大きい

そして、

「聞き取れない」ので当然「話すことができない」のです。

会話は

聴いて→理解して→思ったことを→口に出す

から、最初のステップでつまずいているんですね。

 

日本語の会話は、英語に比べて単調です。

多少の高低はありますが、リズムは淡々。平坦。アクセント・イントネーションも、基本的に平坦です。感情を単語や文にのせていくことも、少ないです。

 

そこで、英語のリズム感を養うことが、とても大事。

発音だけ(アルファベットや単語など)学んでマスターしても、「会話になると聞き取れない」原因は、英語のリズム感がわからないから。

日本語の単調な調子で、文を言っても伝わらないのは、英語のリズム感になっていないからなのです。

 

まずは、身体の感覚で「英語のリズムを感じる」ようになりましょう♪

発音の「音の違いを感じる」と同じで、リズムも違いを感じることが大事です。

「感じる」ことができれば、「英語の文を聞き取れる」ようになります。

「感じて発する(アウトプット)」ことができれば、「英語の文を分かりやすく話す」ことができるようになります。

 

では、どうすればリズム感を養えるか?

お子様がいる方は、まだ耳がやわらかい。ジャズを聴かせてください。

ボーカルなし、ドラムやベースがしっかりわかる曲が良いです。

ピアノ・ベース・ドラムのトリオがお勧め↓

リズム・強弱のバリエーションが豊富だから、リズム感を養うのにとても良い。日本の曲や日本語と違います。きっと、英語だけでなく他の言語習得にも良いと思います。(私の仮説・信じるかはアナタ次第←オイ!)

ジャズのリズム(ベース・ドラム)と一緒に「手をたたく・ダンスする」まで自然にできたら嬉しい!これは、「リズムを感じて→身体でアウトプットする」までできている証拠。

英会話のリズムを「感じる=把握する=理解する」から、「自分で発する=会話する」練習になりますよ。

大人の方も、方法は同じ!

英語学習と思わず、楽しんでやってみてくださいね。

 

もっと「英語リズムを体感したい」方は、今週末のワークショップにお越しください( *´艸`)♪

4/29()10時~東銀座駅ちかく

・大人1,000円、ペア1,500円、小学生以上100円

www.maioda.com

 

↓LINE@ 見るだけで発音が上手になる動画、配信してます★

https://line.me/R/ti/p/%40odamai

ID @odamai で検索

友だち追加

 f:id:workingmother:20180303220231p:plain

 

初めて英会話ウイングズ

小田真維